交通事故で請求できる損害賠償とは

交通事故の被害者になってしまった場合、加害者に損害賠償が請求できます。請求できる損害は、積極損害、消極損害、慰謝料、物損となります。積極損害とは治療や診察の費用のことで、入院費用や通院交通費も含まれます。領収書は必ず保存しておくようにしましょう。消極損害とは、事故に遭っていなければ手にしたはずの収入のことをいいます。休業期間を明確にし、医師に診断書を書いてもらいましょう。慰謝料は、事故により被害者が受けた苦痛に対する補償のことです。正当な慰謝料を請求するには、弁護士に相談するのが良いでしょう。物損は、壊れた自動車やバイクなどを弁償してもらうことです。しかし、事故直前の市場価格の金額で賠償請求が行われるため、購入した金額が支払われることは少ないです。事故の解決には時間がかかるため大変ですが、諦めないでしっかりと請求するようにしましょう。

バイクの交通事故の損害賠償を考える事も重要です。

バイクに乗る方にとって、不安に感じることがある方もいます。バイクで移動をする時に、不注意で交通事故となる可能性もあり、損害賠償の支払いを命じられることも考えることが重要です。日頃から交通ルールを守って、バイクに乗ることも重要ですし、眠気がある時など、運転を控えて、しっかりと休むように心がけることも大切なポイントです。バイクはスピードが出るので、交通事故となった時に、人に大けがをさせてしまったりと、損害賠償の金額が高く、暮らしに影響して、本人だけではなく、家族みんなが不安になることもあります。バイク保険で、損害賠償が発生したときのこともきちんと考えて備えることにより、きちんと補償できるように備えることができます。バイク保険の補償内容をきちんと調べて、支払いを続けやすくするために、保険料も安く抑えられるようにすることで、安心して備えを続けられます。

交通事故で損害賠償のトラブルに巻き込まれたら

あなたがもし、交通事故に遭って、何らかの被害に遭い、損害賠償のトラブルに巻き込まれた場合、どのように対処しなければならないのでしょうか。まず第一に、自分が入っている保険会社に連絡をして、自己の状況と、自分の被害状況をなるべく詳しく伝えます。過不足なく伝えるということは非常に難しいことなので、例えば後から伝え忘れていたことがあったと気付いたら、すぐに電話をして、話の補足として細かく伝えるようにしましょう。ただでさえトラブルに巻き込まれて気持ちが動転しているので、然るべき行動ができないこともありますが、そういった場合は、一度深呼吸をして、保険会社の人の話をよく聞き、その指示に従って行動しましょう。また、こういったトラブルに巻き込まれたときは自分の入っている保険を見直す良い機会だと思って、すべてが終わった後に、保険のプランを考えなおしましょう。

年間160件以上の交通事故分野の法律問題を取り扱っています。 相談料無料、着手金0円、終了時:20万円+受領額の10%(消費税別途、弁護士特約ない場合)。 中村橋本法律事務所では初回は無料で交通事故の法律問題の相談を承ります。 当法律事務所は有楽町駅から徒歩3分、日比谷駅から徒歩1分。 示談金の交渉は保険会社と行います。心身ともに負担の大きいので弁護士に依頼することをおすすめします。 交通事故の損害賠償についてお気軽にご相談ください